マンションを管理する会社が求める人材の条件

不動産関係の仕事を探している人、または探したことがある人の中で、 マンションの管理会社に就職することを考えた人も少なくないでしょう。マンション管理会社とは、その名の通りマンションの管理や運営を専門として手掛けている企業のことを指します。全国にはマンションがたくさんありますが、比較的規模が大きい分譲マンションなどの場合には、マンション管理会社へ委託していることが多いです。管理会社が行う仕事としては、住人の住みやすさを考えて、管理組合をはじめとして、住人や管理人と協力し、設備の修理や保険点検に立ち会ったり、理事会・総会の運営、管理費・修繕積立金の回収などがあります。マンション管理会社で働くうえで、必要な学歴や資格もないので、新卒や中途採用で入社する方も多いです。

マンション管理会社に就職したら行う仕事とは

マンション管理会社に就職したら、1日の仕事スケジュールはどんなものになるのでしょうか。まず、朝出社したらメールのチェックを行い、担当物件ごとに打ち合わせを行います。実際にマンションを訪れて、管理人と情報を共有したり、住民の意見を聞いたりします。時には、設備点検に立ち会う場合もあります。他の物件も何箇所か回り、会社に戻って会計資料や報告書などの作成を行います。仕事の流れは、管理会社によって異なるので、面接時に仕事内容を聞いてみるといいでしょう。様々な種類のマンション管理会社がありますが、大きく分けてデベロッパー系管理会社と独立系管理会社の2種類になります。デベロッパー系は、設計や施行について内部で共有することが可能なので、様々な業務に自社で対応することができます。独立系は、管理会社を持たない企業から委託されて、管理を行います。

マンション管理会社の就職するメリット

マンション管理会社社員の平均年収は、一般的なサラリーマンと類似しています。しかし、大手不動産企業グループのマンション管理会社については、福利厚生も充実していて、給与も良い場合があります。給与や待遇の良いところに就職したいのであれば、大手不動産企業グループのマンション管理会の求人を探してみるといいでしょう。また、事業規模が大きいマンションの管理会社だと、オフィスビルの管理やリフォーム工事業など様々な事業を手掛けている場合があるので、どの事業で仕事をしたいか、自分の希望を明確にしておく必要があります。マンション管理会社に就職すると、年功序列で肩書が昇進していくと給与が上がっていくというメリット以外に、マンション住民との距離が近いので、トラブルを解決したり、住環境を改善したりした場合に感謝の言葉をもらえ、やりがいを感じることができます。