マンション管理会社の給与の相場はどのくらいか

就職先に求める条件は給与や福利厚生、年間休日、職場環境など様々ですが、その中で給与がどの程度なのかという事は重要なポイントです。不動産関係の会社というと、給与が高いというイメージを持たれる方が多いと思います。その中でマンションを管理する会社の給与の相場はどれくらいなのでしょうか。20代ですと平均300万円程、全世代の平均は430万円程になります。一般的なサラリーマンの年収と同程度と言えるでしょう。しかしながら、マンション管理士という資格を取得する事で、資格手当が付く会社もありますし、就職自体が有利になる事があります。また、転職ということで就職するのであれば、前職のスキルによってさらに評価される事もあります。例えば不動産会社や事務経験があれば再評価対象となる事が多いようです。

マンション管理会社で働くメリットとは

マンション管理会社とは設備の保守点検の立会や、セキュリティー、共用部分の修繕確認、会計処理など、マンション維持に関わる仕事です。その中でもメリットとしてあげられるのが、残業が少ない所が多いといえます。何故ならマンションで対応時間が決まっていて、シフト制の会社が多い為です。仕事が終わってからのスケジュールも立てやすく、プライベートも充実できるのではないでしょうか。次に住民の方やセキュリティー会社、修繕工事会社など、色々な方と関わる機会が多い為、コミュニケーション能力がアップします。会社内のスタッフとしか関わりがない会社よりも、多くの方と関わって仕事ができるので、交渉力も上がります。また、残業が少なく働きやすい点や交渉能力が活かせる事から、転職でマンション管理会社に就職される方も多くいます。

マンション管理会社で働くのに向いている能力とは

マンション管理の仕事は、様々な人との関わりが多いので、人との関わりが好きな人が向いていると言えます。また修理費の値下げ交渉や、日程調整など交渉力が必要になります。また、修繕やセキュリティーなどに関わる責任ある仕事ですので、大変やりがいのある仕事でしょう。そして、デスクワークも多いので、事務経験がある方にもお勧めです。そして以前に不動産関係の仕事をしていた方はスキルが活かせる職場になります。初心者の方でも、仕事をしていくうちに自然と交渉力が上がりますし、コミュニケーション能力も向上します。日々の仕事をしながら、自分のスキルもアップする事ができる職種と言えるのではないでしょうか。そして、マンションがある限り必ず必要なのがマンション管理会社ですので、安定した職種となります。